大誓文払い

「誓文払い」とは、陰暦の10月20日に京都の商人たちが行った参拝の風習に端を成し、江戸の頃からは利益還元の為の売り出しとして関西の商人たちの恒例行事となりました。   1813年より続く芝翫香では『大誓文払い』 […]

このページのトップへ