MESSAGE

全ては現場で磨かれていく…
次はあなたも輝いてみませんか

営業Sales

仕事内容

芝翫香での営業は、外商が中心です。
お客様のご自宅等を直接訪問して、商品を提案したり、宝飾品の修理を承ったり、
イベントやフェアなどのご案内等もします。

商品の提案といっても店頭販売とは少し違い、お客様との会話から、
ご家族の記念日やお祝い事などプライベートな部分についてお聞きし、
そのシーンにふさわしい宝飾品を、タイミングを図って提案していきます。
御堂筋本店以外の百貨店内の店舗では、百貨店の外商部の方と一緒に上得意様を訪ねます。

先輩メッセ―ジ

山田 譲1996年入社 御堂筋本店勤務 外商部 チーフ

自分を成長させてくれる外商の仕事
お客様の美意識に学ぶことも

個人のお宅を訪問することが多いので、何よりもお客様との信頼関係を築くことに力を注いでいます。男性にとっては、遠い存在の宝飾品ですが、やってみるとお客様との距離感がとても近い。宝石については、入社後に学べるようになっていますので、やる気がある方はエントリーしてみてください。
そういう私も、入社後数年は、お客様のほうが宝飾品に関する知識は上でした。若い頃は、芝翫香という看板あっての営業だったかもしれません。ですが、経験を積んだ今は、私がお客様の期待に添えるようになり、芝翫香という看板をスマートに背負えるようになりました。自分でも、芝翫香に入社してから人として成長できたのではないかと感じています。
お客様は、上質の暮らしをする方々です。その美意識の高さに多くを学ばせてもらっています。女性らしさをしなやかに維持する、その美意識にふさわしい宝飾品を、これからも届けていきたいと思います。

佐川 雄佑2006年入社 近鉄百貨店橿原店勤務 外商担当 チーフ

商談が成約した時は一段とうれしい
お客様のセンスに叶うよう研鑽を積みます

近鉄百貨店橿原店で外商を担当しています。「このお客様には、この商品が似合うだろうな…」と、自分で商談のストーリーを立てて提案するのですが、そこでお客様のお目に叶ってピタッと成約した時はうれしいですね。提案する商品は、例えば、指先が細い方には華奢なデザインを…等、お客様のご様子や雰囲気、好みをふまえて考えます。
気を付けているのは、言葉遣いやマナー。接するお客様は一流の暮らしをしている方々ですので、きちんとした態度で接するようにしています。そして、常にアンテナを張って新しい情報を仕入れておくことも心掛けています。お客様はそれぞれ、価値観やセンスをお持ちなので、そのセンスに認めてもらえるように、こちらも知識や情報を備えなければなりません。
店舗では、先輩たちのキャリアアップを見てきましたので、自分も将来のステップを自然と考えるようになりました。決して簡単な仕事ではないのですが、自分を磨いていけるという点でも、この仕事を選んで良かったと思います。

平山 大介2012年入社 芝翫香渋谷店 営業職

お客様から信頼されていると感じた時
「頑張ろう」という気持ちになれます

入社のきっかけは、大学の就職説明会で現在の渋谷店店長とお会いしたことです。「実際に芝翫香ではこういう仕事をします」と熱く語ってくださったことが心に残り、エントリーしました。東急百貨店本店で外商を担当していますが、入社当時は、宝飾品に門外漢だったこともあり少々戸惑いました。宝石について学び、お客様とスムーズに話せるようになると、営業の仕事がだんだんと面白くなってきました。
この5年間でようやく、お客様との関係を築くことができました。「平山君だから知人を紹介したい」とおっしゃっていただいた時は、信頼されていると感じる瞬間。ご期待に応えられるよう「もっと頑張ろう」という気持ちが湧いてきます。一方、仕事で留意しているのは、長いお付き合いのお客様に対しても砕けすぎないこと。私からすれば、お客様の年齢は倍以上。「親しき仲にも礼儀あり」を忘れないようにしています。
分からないことがあれば、店舗にいる先輩に聞いて、教わることが一番です。僕にとっては、経験豊富な先輩からのアドバイスが、営業をしていく上で何よりの宝となっています。

このページのトップへ